So-net無料ブログ作成

オイルラインの完成です。 [KV75]

オイルタンクが付いたので、オイルポンプへのラインを確保します。
オイルが見やすいように透明のホースを使用します。

0008.jpg0009.jpg

オイルポンプからキャブレタまでのラインは、オリジナルを使用します。

オイルポンプからキャブレタまでのホースは、カチカチに固くなっていますが、オリジナルのホースを、そのまま使用します。

それでは、オイルをタンクへ入れましょう。
今回使用するオイルは、贅沢に モチュール 710 2T です。

0010.jpg

エンジンを大事にしたいので、良いオイルを使ってみました。


オイルを入れたら、オイルポンプのエア抜きボルトを緩めて、オイルラインからエアを抜きます。

0011.jpg

エア抜きボルトはココです。

0013.jpg

エア抜きボルトを緩めると、オイルがホースをジワジワと降りてきます。

0014.jpg

ここまで、オイルが降りてきました。

0015.jpg

うーん、ここから先が降りてきません。なかなかエアが抜けてくれない。

0016.jpg

仕方が無いので、一旦、ホースを外して完全にエアを抜きます。

0017.jpg

これで、エアが完全に抜けました。


混合用のオイルは入りました。
上の画像でお気づきの方も、いらっしゃるかもしれませんが、オイルポンプにワイヤが張ってあります。これは、アクセルワイヤのオイルポンプ用のワイヤが、切れかかっているために、エンジン試動のための応急処置です。

0018.jpg

切れかかっているワイヤです。

0020.jpg

代わりにこのワイヤで、オイルポンプを全開にしておきます。

エンジン試動まで、後少しです。
動画は既にとってありますので、そろそろ編集しておかなくては・・・。
nice!(1)  コメント(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

オイルタンクの組み付けです [KV75]

オイルタンクを組み付けましょう。
おっと、オイルタンクを取り付けるゴムがボロボロです。

0001.jpg

うーん、これでは使えない。


さぁ、どうしたものか。
またヤフオクを探そうか。と思案しているところ、ショップのオーナが「ちょっと探してみたら、こんなのがありましたよ」と、下の画像の部品を取り出されました。

0002.jpg

これは何だろう?


丸いけど何だろう?
「これを合わせてみたら、ぴったりでした。」
「えーっと、これはなんですか?」
「SRのライトについている、配線のガイドです」

0019.jpg

SRのパーツリストに載ってました。


しかし、良く思いつく。このひらめきがあるから、私以外のお客さんの無理難題もこなせるんだろうなぁ。
私は、あまり無理難題は言っていないです。言っていないつもりです^^;

では、早速つけていただきましょう。

0003.jpg

丸いゴムをこんな感じではめ込んで・・・

0007.jpg

タンクをこうして・・・

0004.jpg

こうはめて・・・

0006.jpg

はい、取り付け完了です。


えー、実際の作業手順と更新の順番は一致していません。
ある程度の作業単位でまとめて書いています。
次回は、オイルラインの続きを書く予定ですが、その間に、別の話題が入るかもです。
nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

エンジンの組み上げは、ほぼ終了です [KV75]

エンジンは車体に取り付けられました。ガスケットもできましたので、ケースを取り付けます。
その前に、キックペダルのギヤを取り付けて、グリスを塗ります。
ここのグリスは、モリブデングリスを使用しています。

0002.jpg

ギヤには忘れずにグリスを塗ります。


エンジン側にもギヤを取り付けて、遠心クラッチも組み付けます。
エンジンを開けたときに、キックペダルからのギヤを止めているネジが、指でクルクル回るくらい、緩んでいました。振動で緩んだのでしょうね。

0001.jpg

フットブレーキ用の突起もあるので、そのうちフットブレーキ化も考えます。


さあ、様になってきました。
まだまだ、作業はいっぱいありますが、エンジンが乗ると気分が良いですね。

0003.jpg

うーん。早くエンジン音が聞きたい。


↓の記事は誤りです。
オイルタンクからのオイルラインは、こんな感じです。 以前は、オイルポンプからのラインが詰まっていて、焼き付き寸前になっていましたので、今回はこのラインを透明のチューブに変えて、オイルが流れているか、わかりやすくする予定です。
↓が正解です。
写真のホースは、ミッションケースからのブリーザホースです。

0004.jpg

2stの生命線ですね。下の画像はオイルポンプです。ここに関しては、後日、詳しく記載する予定です。ミッションケースからのブリーザホースでした。


0005.jpg

2stの生命線のオイルポンプです。ここに関しては、後日、詳しく記載する予定です。


反対側は、こんな具合です。変速の具合を見るために、シフトペダルを付けてみました。

0006.jpg

カバーは、まだついていません。


ついでにギボシの接点を、やすりで磨いてオイルを差しておきます。
少しでも、快適に長く乗るための手間ですね。

0007.jpg

全てのギボシをメンテします。


今回分は、これで終了。
エンジンもほぼ組み上がりました。
さぁ、次回はオイルラインを特集します。それが終われば、試運転です。
実は、もう試運転動画も撮影済みです。その結果は・・・。
nice!(0)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

KV75エンジン組み上げ キャブレタ洗浄 [KV75]

キャブレタからガソリンが滲んでいます。
このてのキャブのガスケットは、紙ですから滲むのは仕方がありませんが、少しでも滲みにくくするために、ガスケットを交換します。
ガスカットを交換する前に、中を確認してみると、結構汚れていました。
ヤフオクの出品者さんも、エンジンは掛かりますが、エンジンを整備して、キャブもメンテして乗ってくださいと、コメントされておられました。

「汚れてますね。洗浄しましょう」
ショップオーナさん、言うが早いか洗浄剤と、洗浄工具をテキパキと並べます。どんな仕事も段取りが大切ですね。

0001.jpg

画像、左上の方の楕円形のゴムは、オイルタンクを固定するゴムです。 キャブレタには、関係ないですが、一緒に映っています。エアクリーナもついでに写っています。


0002.jpg

結構、汚れていますね。


クリーナにつけこみ、汚れを落して行きます。
その過程は・・・、他のお客さんと雑談していたので写していません(-_-;)

0003.jpg0004.jpg

どうです。綺麗になったでしょう。


フロートにも汚れが、こびりついていたので、綺麗に洗浄していただきました。
フロートは、油面を調整しますので、変形させないように注意して丁寧に洗浄します。

0005.jpg

うーん。ちっこくて可愛らしいフロートです。


とても綺麗になりました。
でも、サンデーメカニックの方には、これくらいの作業は自分でやれよ。って言われそうですね。

作業の途中、床に落ちたクリーナや油汚れを、その都度、拭き取っていらっしゃいました。床が汚れていると、人もバイクも滑って危険です。当然のことですが、見ていて気持ちが良いものです。
使わなくなった工具も、すぐさま所定の位置へ格納されます。ですから、作業中も、作業後も工具が散乱していることは、絶対にありません。
見習いたいところですが、私の作業場所は・・・(´?’;

後は、ガスケットを新調すれば、問題はなくなるはず。と思いきや、もう一点、問題がありました。実は、この作業の前に発覚していたのですが、それは、また後日に紹介しましょう。
nice!(1)  コメント(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

KV75エンジン組み上げ オルタネータの組み付け [KV75]

今日はオルタネータの組み付けを紹介します。
組み付けは簡単そうで、実は要領が必要みたいです。

組み付け前に、オルタネータのカーボンブラシと接触する面に、グリスを塗っておきます。これを怠ると、カーボンブラシの摩耗が激しいそうです。粉も発生して良くないらしいです。(で良かったですよね^^;)

0003.jpg0001.jpg

こんな感じで、薄く塗ります。


組み付けた後は、適切な点火時期のために、ポイントギャップの調整です。
この作業も旧車ならでは、ですね。

0002.jpg

ドライバでちょいちょいと調整されています。


今回は短めに、この辺で失礼します。
次回は、キャブレタへ行きましょう。
nice!(0)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

KV75エンジン組み上げ シリンダ組み付け [KV75]

今回は、シリンダとシリンダヘッドの組み付けと、エンジンを車体へ取り付けるまでを紹介します。

エンジンが付く前の車体は、骸骨状態です。

0002.jpg0001.jpg

ガリガリですね。


まずは、作業をやりやすくするために、エンジンを車体へ仮に取り付けます。

0003.jpg

2箇所のボルトで仮止めです。


ピストンをコンロッドに取り付けます。ピストンにも向きがありますので、ピストン上部の矢印が前(排気側)になるように取り付けます。
画像はピストンピンを固定しているところですね。

0004.jpg

ピストンピンをリングで固定しています。


ピストンを取り付けたら、シリンダを組み付けます。うまくピストンリングを縮めて、そっとシリンダに入れて行きます。もちろん、ガスケットを忘れてはいけません。

0005.jpg0006.jpg

少しずつ、形が見えてきました。


シリンダの次は、シリンダヘッドを組付けます。
2stは、構造が簡単なので、作業はサクサクと進みます。

0007.jpg

裏表を間違えないように、シリンダにガスケットを取り付けます。


シリンダヘッドを組み付けます。

0008.jpg

シリンダヘッドのナットは対角線上に、数回に分けて絞め込んで行きます。


さあ、シリンダが付いたので、エンジンを車体へ取り付けます。

0010.jpg

これで、3箇所にてエンジンを車体へ固定できます。


本締めをする前に、エンジンの位置、傾きの角度を調整します。
傾きの角度は、チェーンを握りしめて微調整した方が、やり易いそうです。言われなければ、思いつかないですね。

0009.jpg

微調整をして、本締めします。


エンジンが付きました。
と、ところが、私のうっかりでショップオーナさんに迷惑をおかけすることに・・・。
それは、またの機会に紹介しましょう。
今日は、ここまで。
次回は・・・考えさせてください。
nice!(1)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

KV75エンジン組み上げ ガスケット作成 [KV75]

エンジンが組み上がるまで後少し、と書くと、実際の作業に時間が掛かっているように読めますが、実際の作業は、丁寧かつ迅速に進んでいます。
今回の、ガスケット作成は、注文していたガスケットシートが届くのを、待ってから行われました。
ガスケットを待つ間に、別の作業は進みます。
このカスタムショップは、寒い時期でも大忙し、オーナさんは、ただでさえも寝る間もなく働いていらっしゃいますが、暖かくなれば、更に忙しさが増します。

ガスケットシートが届くまでに、厚紙に型取りをしていただきました。
型取りひとつ見ても、作業の丁寧さが分かります。
ちなみに、下の画像で2枚の型紙があるのは、厚紙の方を原本として、保管用として一部コピーを取って頂いたためです。
これは私が頂いて、大事に保管しておきます。

0005.jpg

画像上が厚紙の原本、画像下がコピーした型紙です。どちらも保管用です。


原本の型紙をコピーして、ガスケットシートを切り抜きます。
合わせ面から、はみ出さないように、切りすぎないように、丁寧に切り抜いていただきました。
本当に、ショップオーナさん任せで、申し訳のない限りです。

0001.jpg

これが、今回購入したガスケットシートです。


まず、外側を切り抜いて、ねじの位置をポンチで打ち抜きます。
内側を切り抜いた後では、ガスケットがフニャフニャして、作業がやりにくく、綺麗な穴も開きにくいそうです。この辺も要領よくですね。
ポンチは革細工用のものです。

0002.jpg

ポンチでガツン、楽に穴が開きます。


しかし、ただ穴を開けただけでは駄目です。ちゃんとネジ穴に合うように、丸ヤスリで、穴を整形します。
ヤスリで擦っては確認、擦っては確認、きっちり整形されました。

0003.jpg

丸ヤスリでスリスリです。


ヤスリで擦った後のバリまで、カッターナイフで綺麗にそぎ落とします。これをやっておかないと、ケースを合わせたときに、ガスケットに異物が挟んだ状態と同じになって、隙間が空くそうです。
さぁ、カバーに合わせてみましょう。

0004.jpg

綺麗に合いました。


バイク仲間が集う、居心地の良いカスタムショップで、珈琲を飲み、バイク談義を交わし、説明を聞きながら、自分のバイクが組み上がる作業を見られる。
こんなショップは滅多にないですね。私は幸せ者です。

次回は、シリンダの取り付けかな。
nice!(0)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

KV75エンジン組み上げ 交換部品です。 [KV75]

ここまでの作業で、交換した部品です。
交換後の部品も、記録用兼予備品としてとっておきますので、既に包装してあります。ちょっと画像が分かりにくいですね。

0001.jpg

ベアリングとシールです。


摩耗が激しかった、シフトアームです。

0006.jpg

横から見ると、新品同様なのですが・・・


0005.jpg

上の画像を見れば、摩耗が激しいのが分かります。反対側はほとんど摩耗していません。


0004.jpg

拡大してみました。かなり段差がついています。


ヤフオクで落札した、新品のシフトアームと交換します。
多少、フォークになっている部分の長さが違っていましたが、使用可能です。

0003.jpg0002.jpg

新品部品です。レア車で部品もないので、交換後の部品も予備品としてとっておきます。


ついでに、今回は交換しませんでしたが、ピストンリングもヤフオクで手に入れておきました。
今回は、ギヤの噛み込みがきっかけで、エンジンを開いたのですが、オイルタンクからオイルが回っておらず、焼き付きかけていました。

0010.jpg

まだまだ、使える状態で安心しました。


これが、新品のリングです。
ちなみに、1mmオーバサイズのピストンが入っていますので、リングも1mmオーバサイズのものです。

0007.jpg

純正の箱に入っています。


0008.jpg0009.jpg

ちゃんと2本、入っています。


ふぅ、まだまだ続きます。
次回は、カバーをはめるためのガスケット作りでもアップしましょうか。
nice!(3)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

KV75エンジン組み上げ 腰下組み上げ [KV75]

さぁ、今回で腰下の組み上げです。
まずは、クランクをケースに納めます。

0001.jpg

ケースの中身は、全てそろいました。


ケースの合わせ面を、綺麗に脱脂して液状ガスケットを使用してケースを合わせます。

0002.jpg

使用する液状ガスケットはこれです。なかなか強力で良いものらしいです。


脱脂した合わせ面に薄く伸ばして行きます。

0003.jpg

指で薄くムラなく伸ばします。真っ黒なので伸び具合も良くわかりますね。


いよいよ合体です。

0005.jpg0004.jpg

木槌でコツコツと叩きながら合わせて行きます。


合わせたら合わせ面から、はみ出している液状パッキンをウェスで綺麗に拭き取ります。

0007.jpg0006.jpg

うーん、すごく可愛らしい。画像では分かりにくいですが、こうしてみると本当に小さいですね。


この後、「ちょっとクランクを回して見て」と言われて、クランクの軸を回して見ました。
-固い。これちょっとおかしい?-
ショップオーナさん、ここでニヤリとして、クランクの軸端を木槌で、コンコンと軽く叩く。上から、コンロッドをつまんで、何やら確認されています。
「良し。さあ、もう一度回して見て」
恐る恐る、回して見ると。
「うわ、軽い。クルクル回る」
芯がうまく出ていないと、動きが固いそうで、それを合わせてやれば、軽く回るようになるとの事でした。
素人の私としては、感心するばかりです。

そして、チェンジペダルと、シフトの部品が取り付けられました。

0009.jpg0008.jpg

やったー。腰下の中身は、これで完璧です。カスタム・ショップのオーナさんは腕利きの職人さんですので、きっとエンジンも体感できるほど、生まれ変わっていることでしょう。


作業は、丁寧に丁寧に、しかも迅速に進んで行きます。
この調子で、ブログの方も迅速に進めて行きましょう。
次回は、交換した部品たちを紹介しましょう。

nice!(3)  コメント(45)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

KV75エンジン組み上げ クランクのベアリング交換 [KV75]

クランクについているベアリングの交換です。

0001.jpg

一方のベアリングはケースについて、交換済みです。今回は軸に残っているベアリングを交換します。


これを外すには、特殊工具が必要です。

0002.jpg

特殊工具を使って、ベアリングを外しているところです。


特殊工具の使い方は・・・。画像を見てください。

0003.jpg

こんな要領で外します。


簡単に外れました。

0004.jpg

あっさりと外れました。


動きが悪かった、ベアリングを新しいものに交換します。

0005.jpg

画像は途中まで、入れたところです。


ばらす時よりは、時間が掛かっていますが、見ている前で、どんどん作業は進んでいきます。
不安箇所が改善されて行くさまを見ていると、本当に安心できますね。
次回は、いよいよエンジンケースの合体です。
nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。